男にモテたい

6日目:受けた恩は返したくなるという心理

6日目:受けた恩は返したくなるという心理

ねぇ、あんた

 

今日は心理学で言う『心理的報酬』という事について話をするわよ。

 

しっかりついてきなさいよ。

 

『心理的報酬』をわかりやすく言ってあげるわね。

 

『自分だけが心理的報酬を得ている状態をさけようとする心理』
ということなの。

 

もっとかみ砕いていうとね

 

いつも自分だけのお願いばかり聞いてもらっちゃっている
いつも自分のやりたい事だけにつきあってもらっちゃってる

 

こういうのって、ちょっとイヤじゃない?

 

自己中って感じしない??

 

でもね。
仮にあたしが、いつも自分のお願いばかり聞いてくれる人や
やりたい事にいつも付き合ってくれる人には
何かしら恩返ししたくなるわ。

 

要するに

 

『受けた恩は返したくなる心理』

 

の事なの。

 

してくれたらしてあげたくなるでしょ?
あの心理よ。

 

これを心理学では『返報性の法則』というのよ。

 

 

 

共通点のある人とは、それがしやすいわけ。
例えば、あたしはかなりの肩凝り性なんだけど
彼氏になりそうな人が、あたいの肩を優しく揉んでくれるとするじゃない?
そうすると、あたいは身も心も許しそうになるわ。

 

そして相手も肩が凝っているような時は
きっちりお返しをしたくなるわ。

 

スキンシップも兼ねてね。

 

この場合も、どちらも心の負担は全くないわね。

 

それどころか満ち溢れると思わない?

 

 

人間は、こう言った共通項の多い人に好意を持つ傾向があるのよ。

 

自分がされて気持ちいい事を相手にもしてあげる。
スキンシップも兼ねているから、もっと親密性も高くなるし
一石二鳥ってわけ。

 

 

そいういことがスムーズに行われている間柄だと

 

お願いやお誘いもしやすくなると思わない?

 

身近にいる人を好きになってしまうのも
お願いごとやお誘いをしやすくなるからなのよ。

 

これも『返報性の法則』が心に働いているからなの。

 

 

このお願い事をするってことは恋愛においてとっても重要な事柄なの。
また別の機会に話すけれどね。

 

 

 

話を戻すわね。

 

この『返報性の法則』は恩を返したくなるってこことの働きだから
感情のバランスを取ろうとしているって事。

 

わかるかしら?

 

 

お願いごとばかりしていては申し訳ないから
要するに相手の心に負担をかけてばかりでは申し訳ないから
こちらも相手の喜ぶ事をしなきゃ!
って思ってしまうのよ。

 

自分の心の負担を軽くしようとしているってこと。

 

 

これを恋愛に置き換えてみるとね

 

好きだと言われれば、好意的な感情をお返しする

 

要するに、極端かもしれないけれど
好きになれば好きになってもらえるのよ!!!

 

心のバランスを取ろうとするのが人間なの!!!

 

これを心理学的に『好意の返報性』というわ。

 

 

好意の感情のバランスを取ろうとする心の働きよ。

 

 

 

この『好意の返報性』は人間関係においてはもちろん
あんたに男が出来るための恋愛関係の基本となるところだから
覚えておかないとやばいわよ!!

 

 

あたしがあんたを好きになれば
あんたもあたしを好きになるってことよ。

 

 

相手に彼女がいてもいなくても
あんたが好きな気持ちがあれば
友達を会してでもいいから、あんたの気持をそっと伝えておくべきよ。

 

あんたの好きという気持ちが相手に伝われば
相手もあんたを無視できなくなる状況が作り出せるから。

 

わかったわね!

 

相手が気にしてくれていると
なんとなくあんたのことも好きななっていくってものなの。

 

 

好きって言われた人と
嫌いって言ってきた人とどっちの人といて楽しいかしら?

 

もちろん好きって言ってくれた人よね。

 

嫌いって言われていると
一緒にいるのも虫唾がはしるわ。

 

相手の好意が自分に向いていれば
相手もあんたの事を好意的に思って
評価を高くし始めるわ。

 

 

この『返報性』という心理は人間の心のいろんな部分に影響してくるわ。

 

例えば明日話す『自己開示をすると好意的な印象を持ってもらえる』ってことも
この『返報性』に関わってきてるのよ。

 

あすは、この事について話すわね。

 

しっかり今日の話も読み返すておくのよ!!

 

 

 

 

 

 

↓返報性の法則がわかったあんたはここをクリックするのよ!↓
女の武器を使って男を落とすのよ


ホーム RSS購読 サイトマップ